歯科衛生士とは?

歯科衛生士とは?

「歯科衛生士」とは国家資格を必要とする専門職で、様々な歯科診療の場において必要不可欠な存在です。

様々な職域で活躍しています

  • 一般歯科診療所や病院を代表する臨床分野
  • 保健所や市町村保健センターを代表する公衆衛生分野
  • 企業内診療所や健康保険組合、または歯科関連企業に所属する企業内歯科衛生士
  • 歯科衛生士を養成する学校勤務歯科衛生士

など、現在の就業者の大多数は歯科診療所に勤務し、主に歯科診療補助を中心に活躍しています。

一般の歯科診療所で活躍する歯科衛生士

  • 歯科診療所は、歯科医師(Dr)・歯科技工士・歯科衛生士(DH)・歯科助手・受付事務員で構成されています。(診療所の中には歯科助手が受付をしているところもあります。)この中で、正規の学問を修得し、「国の設置認可の養成学校」を卒業後、国家試験を受験し、国家資格を有しているのは、歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のみです。
  • 歯科医師は、患者さんに対しう蝕(虫歯)や歯周病などの口腔内の病気の治療を施しますが、歯科衛生士はそのような病気にならないようにする予防業務を行っています。歯科診療所で、 法的に患者さんの口腔内に直接的に接することができるのは、歯科医師と歯科衛生士のみです。
  • 歯科診療所の女性スタッフのほとんどは、歯科衛生士・歯科助手・受付事務ですが、法的には明確な区分と職責があります。また、歯科助手や受付事務員が長年の経験から歯科知識や技術的な能力を持つに至ったとしても、歯科衛生士の業務を行うことはできません。
  • 歯科衛生士と称する者は全て一定の知識と技術を有する事を明らかにすることにより、国民の便宜を図ると共に、無資格者が名称を使用する事により生ずる様々な弊害・社会的信用の失墜と、害ある行為を防ぐ事を目的とし、併せて歯科衛生士としての誇りと自覚を促し、その資質の向上を図ることを目的としています。

歯科衛生士の三大義務

歯科衛生士の仕事は、歯科衛生士法第2条に定めるところによると次の3つに大別されます。

歯科予防措置

歯科予防措置とは、歯科の2大疾患である「う蝕(虫歯)」と「歯周病」を予防するための処置を言い、歯牙露出面及び正常な歯茎の遊離縁下の付着物及び沈着物を機械的操作により除去することと、歯牙及び口腔に薬物を塗布することです。 <う蝕の予防措置としての薬物の塗布、歯周病の予防措置としての歯石除去は十分な知識と技術的な訓練が必要になります。>

歯科診療補助

歯科診療補助とは、主治の歯科医師の指示により、患者の口腔に直接触れて行う行為です。また、それ以外にチェアサイドで行う歯科検診の介助・診査の補助・口腔清掃・滅菌・消毒・物品の管理・診療の機材器具の準備及び保管・手術時の器具の受渡しなど、広範囲にわたっています。

なお、歯科診療の介助とは、歯科衛生士でなくてもできる診療の手伝いの事を指します。

歯科保健指導

歯科保健指導とは、個人または集団を対象に、歯や口腔の疾病を予防したり、その健康を保持し増進するために必要な事を、自分の意思で行動を起したり努力するように指導する事を言います。主には、保健所や幼稚園・小学校・中学校・高等学校などで歯磨き指導を行ったり、老人ホームや身体障害者施設を訪問して口腔ケアを行うなど、歯の健康に関する指導などを行います。

歯科衛生士を目指す貴方へ

歯科衛生士の資格は一生涯通用し、結婚や育児のために休職した後、再就職する際に大きな力を発揮します。本校は、知識や技術だけでなく、歯科衛生士に必要な豊かな人間性を育てます。

歯科衛生士になるためには?

歯科衛生士養成施設に入学し、3年間のカリキュラムにより歯科衛生士に必要な専門知識と技術を修得。就学期間終了と共に全国一斉の国家試験を受験し、合格後に申請を行って初めて歯科衛生士の免許が取得できます。

歯科衛生士として活動するためには?

歯科衛生士として活動する為には、国家資格取得は勿論のこと、次の2つがとても重要です。

  • 専門職としての知的•技術的スキルを有している事
  • 自分の行う業務内容を自覚している事

そのためには・・

  • 専門の知識「歯科医学および臨床の概要・特に予防処置、保健指導に必要な知識、公衆衛生活動に必要な知識、人間理解のため必要な知識」および、技能「歯科予防措置、歯科診療の補助を円滑に行うための技術、歯科保健活動を十分に行うことのできるための観察・伝達・指導の技法」を修得すること。
  • 職業意識を堅持して、職業を大切にすること。すなわち、生涯の仕事として常に研鑽をして自らを高める努力をすること。
  • 歯科医療のチームの一員として、人々と「和」を保てる人格を養うこと。
  • 病める人を対象とする職業に必要な「人間愛」と「奉仕の精神」をもつこと。
  • 歯科衛生士業務について法的理解がなされていること。
  • 自分の行動に対して、「適切な判断」と「責任」をもつこと。

が必要となります。

これからの歯科衛生士の動向

歯科衛生士は女性向けの職業です。女性は地域に根付き、生活を通した「健康感」を身に付けています。「生きる」ことへの本能、素直に反応する強さを持っています。歯科のニーズが治療から予防へ、診療所から地域への広がり、一部の患者さんから住民へと対象が変わりつつある中、歯科衛生士は、本来の公衆衛生の欠くことができない担い手として、より「活かされる」時代が来ています。

歯科衛生士は多岐に渡る重要な任務を背負っています。就職先は、歯科診療所が多いようですが、最近では保健所歯科や市町村歯科への配置が促進されて公衆衛生業務が拡大されつつあり、また、公的介護保健の導入に伴って歯科衛生士の口腔ケアの技術と知識の向上が要求されています。